無料法律相談実施中

 06-6586-9400

土日祝・夜間も対応

24時間
メール受付中

慰謝料の相手方が高収入なら高額の慰謝料請求が可能!?

妻もしくは夫の浮気が発覚した場合、浮気していた妻もしくは夫とその浮気相手に対して慰謝料を請求することができます。
そして、慰謝料を請求するとなると気になるのが慰謝料の請求額でしょう。
慰謝料は収入に比例しているのでしょうか?
もし慰謝料を支払う相手が高収入ならば、慰謝料も高額請求が可能なのか解説していきます。

不倫の慰謝料は誰に請求するのか?

慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償金のことを指します。
そのため、配偶者が不倫をすれば、精神的苦痛を受けたとして慰謝料を請求することができるのです。
慰謝料の金額について知る前に、まずは慰謝料を誰に請求すべきかについて知っておきましょう。

配偶者にも不倫相手にも請求できる

不倫慰謝料の請求は、不倫相手だけではなく不倫をした配偶者にも請求することが出来ます。
配偶者に請求するというケースは、不倫発覚後に離婚をするような場合でしょう。
不倫によって多大な損害を受けたとして高額な慰謝料が期待できます。
また離婚しない場合であれば、不倫相手に慰謝料を請求することで責任を取ってもらうだけではなく、また関係を持たないように約束してもらうことも可能です。

慰謝料の二重取りはできない

もし不倫相手だけではなく配偶者にも不倫慰謝料を請求するという場合に注意しなければいけない点が、「二重取り」です。
2人を合わせて発生したとされる損害を超える金額を請求することは出来ません。
例えば、損害賠償金額は200万円が妥当だと考えられる場合、配偶者と不倫相手からそれぞれ200万円ずつ請求するのではなく、二人の合計で200万円になるようにしなければならないのです。
つまり、2人に請求したからといって2倍の金額を受け取れるということではありません。

不倫慰謝料は収入で決まるのか?慰謝料額を決める判断材料とは

不倫慰謝料を請求する場合、相手の収入が高ければ、高額の慰謝料が請求できるのではないかと考える人も多いでしょう。
有名人などが高額な慰謝料の支払いをしているイメージがあるからかもしれません。
慰謝料と収入はどのように関係しているのでしょうか?

慰謝料と収入の関係とは

慰謝料の金額を決める際には、支払う相手の収入も判断材料になります。
経済的に慰謝料を支払う余裕がないのであれば、高額な慰謝料は請求しても意味がありません。
その反対に、高収入な相手であれば、高額な慰謝料を請求できる可能性があるのです。
ただし、必ず高額な慰謝料が支払われるとは限りません。
年収はあくまでも慰謝料の金額を決めるための判断材料の1つであり、その他の項目で金額が左右されることが多いのです。

離婚をした場合の方が慰謝料は高額になる

不倫の慰謝料は収入だけではなく、不倫発覚後に離婚をするのかしないのかによって金額が変わってきます。
離婚することなく夫婦関係を続けるのであれば、不倫慰謝料の相場は50~100万円と言われています。
しかし、不倫によって別居や離婚といった明らかな損害が起きている場合には、慰謝料は増額されるのです。
不倫が原因で別居になれば100~200万円が相場となり、離婚になれば200~300万円が相場と言われています。
離婚になれば夫婦間での財産分与なども発生するので、配偶者が高収入であるほど高額な請求が可能になります。

慰謝料の金額を決めるその他の判断材料

慰謝料の金額は相手の年収だけではなく、さまざまな事情や状況で増減が決まります。
そもそも、慰謝料には明確な金額が定められているわけではありません。
そのため、さまざまな状況から判断して、妥当だと考えられる金額が最終的に決められます。
慰謝料の金額を決めるための判断材料とはどういったものがあるのでしょうか?

婚姻期間や婚姻生活の状況

慰謝料の増減を決めるためには、「婚姻期間」や「不倫発覚前の婚姻生活の状況」が関わってきます。
婚姻が長いほど、不倫をされた側が離婚などによって再スタートをすることが困難になりやすいため、慰謝料が高くなります。
また、夫婦関係が不倫前から破綻していれば慰謝料は減額される傾向にあります。
しかし、家庭円満であった場合には、不倫が家庭を崩壊させたと考えられることから増額される可能性が高いです。

不倫期間や回数

不倫慰謝料では、不倫期間や不倫回数も慰謝料の増減に関係します。
不倫期間が長く、回数が多いほど慰謝料も増額します。
つまり、1度や2度の不倫よりも、数年にわたって繰り返された不倫の方が慰謝料も高額になるのです。
不倫相手と一緒に家などを借りているような場合も増額されるでしょう。
また、不倫の主導者に請求する方が金額は増額が見込めます。

子供の有無

夫婦間に子供がいる場合、不倫によって婚姻関係が破綻すれば影響は非常に大きいものとなります。
そのため、子供がいる場合には慰謝料額が増減される可能性が高いでしょう。
また、浮気相手が妊娠や出産をしているような場合にも、婚姻生活にダメージを与えたとして慰謝料は高額になり得ます。

相手から高額な慰謝料を請求するためにできること

相手が高収入であれば、不倫慰謝料を少しでも多く支払ってもらいたいものです。
そこで、慰謝料を高額請求するためにできることを紹介します。

不倫の証拠を集める

慰謝料を請求するのであれば、まず不倫の証拠を集める必要があります。
本人の証言だけではなく、客観的な証拠として認められるようなものがあるほど有利になります。
通話履歴だけでは会話の内容が分かりませんし、メールの内容も関係があったことが推測できる内容でなければ反論される可能性もあります。
有利になる証拠としては、ホテルなどに出入りしている写真やホテルなどの領収書、不倫を認める自白の録音などです。
証拠が多いほど説得力が高まるため、できるだけたくさん証拠を集めましょう。

弁護士に慰謝料請求を依頼する

慰謝料請求は自分自身で行うこともできますが、手間や心理的なストレスを考えると専門家である弁護士に依頼することをおすすめします。
自分自身で請求すれば費用は必要ありませんが、慰謝料額が少なくなってしまう可能性もあります。
弁護士に依頼をすれば、請求に必要な書類などに時間を割く必要もありませんし、最大限の慰謝料請求が期待できます。
また、裁判外の交渉もできますし、裁判になった場合にも任せることが可能です。
高収入の相手でも慰謝料の支払いを拒否するようなケースもあれば、少しでも少ない金額に抑えようとする人もいます。
そのため、自身で請求するよりも、専門家に任せる方が確実性は高いと言えるでしょう。

まとめ

不倫慰謝料は請求相手の収入額も考慮されますが、それ以外の状況や事情も考慮して決められるものです。
そのため、高収入の相手だからといって、高額な不倫慰謝料が請求できるとも限りません。
少しでも高額な慰謝料を請求したいという場合には、弁護士に相談してみてください。
状況などから慰謝料の相場を判断し、手続きなども任せることができます。
また、少しでも高額な慰謝料を請求するのであれば、不倫や離婚に強い弁護士に依頼することをおすすめします。